ビデオの思い出を保管する|宣伝効果を期待できるノベルティグッズは専門の業者に依頼
男女

宣伝効果を期待できるノベルティグッズは専門の業者に依頼

ビデオの思い出を保管する

映像機器

ビデオのデメリット

ビデオは1980年代から2000年代前半に掛けて主流であった映像の記録媒体です。特に1990年代には家庭用ビデオカメラの普及によって家族の思い出としてビデオを撮るといったことが行われていました。しかし、その一方で2000年代に入るとデジタル化が進み現代ではビデオといえばハードディスクやフラッシュメモリーで録画することが当たり前になっておりテープを使ったものは機器もほとんど販売されなくなっており再生できる機器を探すのにも苦労する時代となっています。またテープという性質上、保管状態が悪いと再生が困難になっていくなど保管性に問題があります。このためビデオダビングで使って新しいメディアに変換することで思い出をいつまでも保管することができます。

ダビングして保管

ビデオダビングサービスのメリットとしては、第一には映像の劣化を防ぐことができるということです。現時点で劣化しているビデオテープは通常のビデオダビングでは綺麗になることはありませんが、それ以上の劣化は防ぐことがビデオダビングを行うことで可能です。またビデオダビングサービスでは、あらゆるビデオテープに対応しているので、VHSやS-VHS、VHS-Cなどの大型カセットから、8mmビデオ、Hi-8、miniDVまでダビングしてDVDやメモリーカード、ハードディスクなどに保管することができます。またデジタル化することで、それまで大量の保管スペースが必要だったものが、小さなスペースで済ませることができるメリットもあります。