カラーチャート

宣伝効果を期待できるノベルティグッズは専門の業者に依頼

ビデオの思い出を保管する

映像機器

ビデオテープは、かつての映像を記録する主流の媒体でしたが、現在ではメモリーやハードディスクに取って代わられています。このためいずれビデオテープの再生は困難になります。このためビデオテープの記録を将来も再生したい場合にはビデオダビングを利用して新しい記録媒体に変換しておく必要があります。

詳しく読む

宣伝効果が高いです

色見本

宣伝効果を狙ったものとして、マグネットシートやクリアファイル、ティッシュなどへの広告印刷があります。それぞれ目的に応じた選択が必要ですが、マグネットシートやクリアファイルは使い続けてもらうことで効果を発揮します。ターゲットを定めて、効果的に利用していきましょう。

詳しく読む

数と自分のイメージ

婦人

プロでない方が漫画を販売するイベントがありますが、ノベルティを制作して一緒に販売する方も増えています。ショップに頼んでノベルティを制作してもらうことになりますが、最小ロッドがどれくらいなのか、チェックしておくことをお勧めします。ショップによっては写真を印刷してもらうこともできます。

詳しく読む

企業や商品を宣伝するなら

印刷

集客力が大きい

ノベルティグッズとは、企業名や商品名などを入れた粗品や記念品のことです。企業が販売を促進する目的で作り、配布します。販促にノベルティグッズを利用することが人気ですが、人気の理由は集客力が大きいからです。チラシだけではなかなか人が集まらない場合でも、おまけや限定という言葉に弱い日本人にとって、ノベルティグッズの特別感は人を集める力があるのです。印象に残るようなロゴやデザイン、品質の良いノベルティグッズを配布することで、企業名や商品名を覚えてもらうことができるというメリットがあります。ボールペンやメモ帳、カレンダーなど、実用的な文房具、タンブラーやタオル、ティッシュといった日用品、ファッション小物などは人気のノベルティグッズです。

配る相手を意識して

ノベルティグッズなどの名入れを行っている業者はたくさんあり、近年はインターネットサイトで商品を選んだり、簡単に注文することもできるようになりました。小ロットで価格も安い設定の業者も増えています。ノベルティグッズはあくまでも知名度や認知度をアップさせて販促を行うことが目的なので、できるだけ節約したいところですが、配る相手を意識して制作するグッズやロゴデザインを選ぶことが大切です。いくら安いノベルティグッズを作っても、配る相手にとって印象に残らないものであれば意味がないからです。また、日常的に使用するようなグッズであれば、企業名やロゴなどが目に留まりやすいことから、印象に残りやすいという意味でおすすめです。